2014年9月6日土曜日

20140906 人物画は嫌いだ…の言い訳



人物の絵は嫌いだ。



子供の頃は、漫画から来る「おめめ巨大少女」の絵を描いていた。

漫画漬け生活ではあったが、ストーリーを追って描くことはできなかった。

ずぼらなんだろうなあ。



今でも同じことをじっとできない。



妙なことに、パソコンとは相性がいい。

それを、おとなのなんたらかんたらと、分類できるのだ。


一時は、本当に病気かと悩んだが


やめやめ。


どんな人間がいてもいいのだ。




高校生のころは油絵を描いた。

デッサンが好きだったので、試したのだ。


でもね。


セーラー服から、何から、カラフルになり 

きったない子女子高生だったな。


自分はうまく描けるはずだと慢心をして、何の努力もしなかったなあ。

だから、その時の絵を、今見てると、冷や汗が出る。



大した成果もなく、就職。

ずっとイラストは描いてきたけれど。


生きるって困難。


だから、猫絵ばかり描いている今でも

時折人間を描くときは、過去の挫折感が襲い掛かってくる。


人物は嫌いなのだ。

だから、引きこもり主婦をしているが、そろそろ限界かなあ。


力を振り絞らねばならない時が来るかなあ。


今日の、日記でした。